肌から消したい悩みがある|いぼ治療は整形外科で

美容皮膚科で悩み解消

婦人

いぼをとるためには、美容皮膚科でレーザー治療を受けると良いです。美容皮膚科を選ぶときは、実績や口コミに注意する必要があります。レーザー治療は、他の治療に比べ効果が高く、短期間できれいにいぼを取ることができるという特徴があります。

もっと見る

皮膚疾患と治療

鏡をみる婦人

いぼには様々な形状があり、状態にも個人差が見られます。多くのいぼはヒトパピローマウイルスが原因です。通常は痛みがなく、自然に治ることもあります。二次感染のリスクが若干高くなるのが、液体窒素による治療です。短期間で完了する美容皮膚科のレーザー治療なら、二次感染のリスクも最小限に抑えられます。

もっと見る

きれいな皮膚のために

顔を触る女性

気になる治療方法

いぼは、体中どこにでも出来ます。出来た場所が目立つところであれば、見栄えも悪いと悩む人も多いのではないでしょうか。いぼにも沢山の種類があります。実際、体に出来る突起物のことを総称していぼといいますが、ウイルス性のもの、加齢によるものもあります。特に、加齢によるものは、顔や首といったところに出来ますので、女性にはショックも大きいものとなります。ですが、心配は要りません。適切な治療を行い、ケアをすることできれいに直る効果も期待できます。治療と聞くと、痛みを伴うことを想像しがちですが、痛くない治療方法もあります。女性が治療を希望するのは、傷跡の残らない方法や、痛くない治療方法です。具体的にどのような方法なのかというと、ひとつの方法として高〜中周波電気メスで電気焼却治療です。部分によっては、あまり傷みを感じることもない治療方法ですが、皮膚の薄い部位には傷みを感じることもありますので、細い針で局所麻酔や麻酔テープで痛くない治療もすることが出来ます。液体窒素を使った治療法も首に出来たいぼには効果的です。また、美容整形では、炭酸ガスレーザーといういぼをもっともきれいに切除することが出来る方法があります。もちろん、からだの部位や大きさ、数にもよります。傷跡はほとんど残らないというものですが、やはり個人差はあるようです。ただし、この治療方法はすべての美容整形外科で受けられるわけではありませんので、設備の整った美容整形外科で治療を受けることが重要です。熟練した経験のあるお医者様を選ぶことも痛くない治療法できれいな肌を手に入れるためには重要なのです。

きれいな皮膚を保つために

いぼを切除した後は、数時間〜1日後まで痛みは残るかもしれませんが、徐々に傷みは薄れていきます。傷の部分には、テープを張りますが、顔の部分に張るテープは小さいもので目立ちません。テープの上からでもお化粧をすることが出来ます。傷跡は一日で回復するというわけにはいきません。徐々にかさぶたが出来ますが1週間ぐらいで落ち着くはずです。かさぶたが落ちた後の皮膚は、とてもデリケートですので日焼けには十分注意が必要です。せっかくきれいになった皮膚をきれいに保つために必要なことがあります。それは、免疫力を上げ、普段からアンチエイジングをこころがけることです。特に加齢が原因である首に出来るいぼは、古い角質や汚れが溜っていたり、ネックレスや衣類の摩擦などによる刺激でも出来やすくなってしまいます。顔には、念入りにスキンケアを施しますが、首のケアはそれほど気をつけていないという人もいます。それが、首に出来てしまう原因のひとつなのです。そうならないためには、普段から首にもたっぷりと栄養や保湿を心がけるべきです。万が一出来てしまったら、はと麦エキス配合のクリームなどが効果的です。小さいものであれば、塗るだけでいつの間にかなくなってしまうので、まったく痛くない治療方法でもあります。病院にいきたくないのであれば、はと麦配合のクリームを試してみるのも良いかもしれません。また、ヨクイニンという漢方のお薬もあります。体の内側からはヨクイニン、外からは普段から栄養や保湿を行いいぼが出来ないように心がけたいものです。

早く美しく治療したい

医師

いぼの治療は液体窒素・内服薬・レーザーによるものがあります。中でも美容クリニックにおけるレーザー治療は、きれいに治すことが出来ます。ただし、他の治療法と異なり保険適応外になる場合が多く、料金が高めになるためによく調べてから受けるようにしましょう。

もっと見る